福島県只見町【移住・定住】公式note

日本の自然の中心地「自然首都・只見」。 東北で初めてユネスコエコパークに認定され、自然と人々が共生する自然豊かな町です。ここでは只見町の魅力、移住定住に関しての情報を発信します。

福島県只見町【移住・定住】公式note

日本の自然の中心地「自然首都・只見」。 東北で初めてユネスコエコパークに認定され、自然と人々が共生する自然豊かな町です。ここでは只見町の魅力、移住定住に関しての情報を発信します。

    リンク

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    只見町【移住定住】公式note始めました!

    はじめまして。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 このたび只見町移住定住公式noteを始めました! このnoteでは、移住を考えている方、只見町に関心のある方、雪国での田舎暮らしに興味のある方々に向けて... 「自然首都・只見」の魅力 雪国での生活 移住支援情報 町のイベント情報 などをメインに発信していきます。どうぞよろしくお願いします! 只見町とは 只見町は福島県の西端、新潟県との県境にある人口約4,000人の自然に囲まれたのどかな町です。 国内屈指の豪雪

      • 豪雪地帯のごみ捨て事情

        こんにちは。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 日本屈指の豪雪地帯でもある只見町では、雪のない地域とごみ捨て事情が少し違います。 ごみ回収の頻度只見町のごみを出す場所には、大雪が降っても埋もれないように屋根付きのごみステーションがあります。 雪が多い1~3月の間でも、可燃ごみは週2回、回収に来てもらえるので安心です。 都市部と比較すると、可燃ごみ以外の回収日が少なく感じるかもしれません。ただ、実際住んでみてそこまで不便は感じていないです。 雪が多い1~3月は、注意が

        • 【東京開催11/26】南会津U・Iターンセミナー~豪雪地域の暮らしと南郷トマト農家~開催!

          11月26日(土)東京にて開催される、南会津地方振興局主催のイベント「南会津U・Iターンセミナー~豪雪地帯の暮らしと南郷トマト農家~」に只見町も参加します。 福島県南会津郡は、南会津町、下郷町、只見町、桧枝岐村の4町村から構成される、福島県の南西部にある自然豊かな地域です。 日本有数の豪雪地帯としても知られる南会津での冬の暮らしや新規就農に関するセミナーのほか、移住担当者による個別相談会も開催されますので、田舎暮らしや新規就農に興味がある方、ぜひご参加ください! ↓↓詳

          • 10月に見た只見町の絶景スポット!

            こんにちは。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 11月に入り一段と寒くなってきましたね。只見町では、日中の気温は15度前後まで上がりますが、最低気温が5℃を下回ることも増えてきました。 昼と夜との寒暖差があると、きれいな紅葉になるとの話を聞いたことがありますが、只見町も毎年多くの観光客の方が訪れる紅葉のきれいな町なんです!今回は、10月に見た只見町の絶景スポットをご紹介します。 癒しの森癒しの森は、只見町と金山町の町境にあるトレッキングコースです。 広大なブナ林で森林

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 移住支援
            福島県只見町【移住・定住】公式note
          • 町のこと
            福島県只見町【移住・定住】公式note

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【埼玉開催11/19】只見町移住・新規就農合同相談会開催!

            11月19日(土)イオンモール川口にて、只見町での暮らしの魅力を紹介するイベントを開催します。 ・田舎暮らしに興味がある方 ・農業に興味がある方 ・自然豊かな環境での子育てに興味がある方など 田舎暮らしや農業に興味はあるけれど、遠くてなかなか現地までは行けないという方! 今回は我々がいくつもの山々を越え、関東地方に赴きます。 \只見町を知らない方も大歓迎!是非遊びに来てください!/ 【日時】11月19日(土)10:00~(17:00頃まで) 【開催場所】イオンモール川口

            秋の只見町・田舎暮らし体験ツアー開催しました!

            こんにちは。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 10月22日(土)~23日(日)の1泊2日で、秋の只見町・田舎暮らし体験ツアーを開催しました! 今回は関東地方を中心に5名の方に参加していただき、1泊2日と短い時間でしたが、只見町での田舎暮らしの魅力を体験していただきました。 農業体験1日目は、トマト農家さんで農業体験を行いました。 只見町の特産品「南郷トマト」の収穫体験、ドローン体験、トラクター体験など。都市部ではなかなかできない体験を味わっていただけたのではないでしょ

            いなかといいなか交流ツアー2022

            こんにちは。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 福島県主催の、県内の農村地域に関係人口として関われる交流ツアーが開催されます! 10月29(土)~10月30(日)には、只見町布沢集落が開催場所に選ばれています。 廃校を活用した施設に宿泊しながら、只見のソウルフード「マトンBBQ」や人気観光スポット「癒しの森」でトレッキングなど、農村地域の魅力を満喫できる内容になっています。 紅葉も見ごろの時期ですので、ぜひぜひご参加ください! 【日程】 10月29日(土)~30日(日

            只見町住宅取得支援事業補助金について

            新たに住宅を取得し、定住しようとする者を対象に住宅の取得費用 を助成します。 ※既存住宅の建て替えにかかる費用は対象となりません。 ※県外移住者は条件を満たすことで福島県補助金が上乗せされます。 補助率・限度額対象経費の1/2 新築住宅 上限50万円 中古住宅 上限30万円 (加算要件あり) ※申請を検討される際は、必ず事前相談をお願いします。 詳しくはこちらから ↓ 住宅情報(各種補助)|只見町公式ホームページ|福島県 (tadami.lg.jp) お問い合わ

            空き家関係の補助金まとめ

            空き家改修事業 補助金次のいずれかに該当する者の空き家の改修費用を助成します。 ・空き家を取得又は賃借し、定住しようとする者 ・所有する空き家を町の空き家バンクに登録し賃貸しようとする者 ・所有する空き家を滞在交流施設や地域生活施設に改修し、利活用を しようとする個人又は法人 ※空き家を新たに取得してから1年未満の方が対象となります。 ※施工業者は町内業者のみ補助金の対象となります。 〈補助率・限度額〉 対象経費の1/2 上限150万円 (加算要件あり) ※補助金

            奨学金返還支援補助金

            高等学校及び大学等の在学期間中に対象となる奨学金の貸与を受けた方が返還した奨学金の一部を補助します。 年間最大18万円 最長96カ月支援 交付要件・只見町に住所を有し、通期圏内の事業所等に就業している、又は自ら事業を営んでいる ・令和3年3月31日時点で35歳未満である ・申請時点で奨学金の借入が終了し、返還している(年度内に返還を開始する場合も含む) ・他の奨学金返還支援制度を利用していない ・町税等の滞納がない ・公務員でない(会計年度任用職員を除く) 対象奨学金・

            U・Iターン有資格者等人材確保推進給付金

            保健師・看護師いずれかの資格を有しているU・Iターン者で、任期の定めのない只見町常勤職員として採用された方は給付金制度があります。 基本給付額 100万円 ※条件を満たせば加算もあります 給付要件5年以上継続して勤務できる方 本町の町税等の滞納がない方 給付金の返還が生じた場合の連帯保証人として、成人した只見町民1人を立てられる方 町内の他の施設又は事業者からの転職でない方 基本給付額1人100万円 加算額資格に基づく勤務経験が5年を超える方は、経験1年につき20万円

            U・Iターン等支援補助金まとめ

            U・Iターン者定住助成金/1人5万円U・Iターンする若者が只見町で就業・定住し、地域の活性化を図るため、下記の助成金を交付します ※中学生以下の子どもを扶養している場合は1人あたり5万円加算 〈交付要件〉 ・定住後1年以内に通勤圏内の事業所に就業している ・就業後6カ月以上経過している ・就業開始日の年齢が35歳未満である ・3年以上定住する意思がある ・税金等の滞納が無い 詳しくはこちらからご確認ください ↓  U・Iターン支援情報|只見町公式ホームページ|福島県 (t

            奥会津体験博覧会「せど森の宴」

            こんにちは。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 今回は田舎暮らしに興味がある方におすすめの素敵なイベントのご紹介です! 奥会津体験博覧会「せど森の宴」せど森の宴は、毎年秋~冬にかけて行われる、大自然に囲まれた奥会津地域だからこその魅力を体験できるイベントです。 今年度は、10月30日から翌年2月25日の期間中、地域のみなさんが案内人になり、「奥会津ならではのモノ」を利用して様々なプログラムが企画されています。 只見町からは... ・只見のブナの葉で一期一会のハンカ

            薬用芍薬栽培作業のボランティア募集

            漢方薬の原料となる芍薬栽培(収穫・根の堀上げ・根折り)の体験イベントを実施します。芍薬栽培や漢方に興味のある方はぜひご参加ください。(参加無料) 実施日①令和4年10月9日(日)~令和4年10月10日(月祝) ②令和4年10月15日(土)~令和4年10月16日(日) ③令和4年10月22日(土)~令和4年10月23日(日) ④令和4年10月29日(土)~令和4年10月30日(日) ※全日程とも1日目13:30(集合)~17:00、2日目9:00(集合)~11:30(標記日

            マルチワーカーという働き方

            こんにちは。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 只見町は豪雪地帯という土地柄もあり、一年を通して雇用するのは難しいけど、繁忙期にはとっても人手が欲しいお仕事がいくつもあります。 例えば、夏は南郷トマトの農家さんや観光施設、冬は米焼酎作りなどなど。 仕事を探している方、移住を考えている方にとっても、年間通して安定した仕事でないと、興味がある業種でもハードルが高いと感じる方も多いのではないかと思います... そんな現状を解消すべく、今年5月に「只見働き隊協同組合」が設立

            移住前と後のお金のこと

            こんにちは。只見町移住コーディネーターの藤沼です。 この夏は、移住フェアや移住体験ツアーなどで多くの移住をお考えの方々とお話しすることができました。 その中で、やはり移住後のお金に関することが知りたい情報の中でも上位に来るのかなと感じています。 私も移住するにあたり、お金に関してはとても悩んだ経験があります。 今回は、移住前と移住後のお金の話をまとめてみたいと思います。 移住してからのほうがお金がかかること※一軒家、二人暮らしの藤沼家の場合 ①光熱費、灯油代 神奈川時代